CSR(企業の社会的責任)CSR(企業の社会的責任)

事業活動の継続を通じて
「企業の社会的責任(CSR)」を果たします

わたしたち、株式会社レイズエンジニアリングは、「企業の発展と車社会への貢献をなし得る事と、世界市場でのレイズブランド価値を向上させること」という企業理念のもと、独自の技術によって高性能ホイールの高付加価値製品を生産しています。また、「設計から製造、製品リリースまでの一貫社内体制」は、当社の最大の強みであり、グループ販売会社から発信される、敏感なグローバルニーズ(市場動向情報)を基に、双方のシナジー効果によって、トレンドデザインや新技術設計、新素材開発など、お客様の多様なニーズにお応えできる、信頼性の高い製品づくりを行っています。
当社は、個人のお客様、企業体の顧客様に対し、また、社会から必要とされる企業で有り続けるために、環境面、社会面をはじめとする企業の社会的責任(CSR)の取組を行っています。

品質方針

当社は、経営理念(ビジョン)を達成するために、あらゆる利害関係者(ステークホルダー)に貢献できる経営マネジメントに徹します。
顧客に信頼していただける「品質」の提供
満足していただける「納期」の提供
納得していただける「価格」の提供
3つの方針に万全を期し、その有効性を継続的に改善し、社員育成で得られる「技術力」、「創造と挑戦」による提案型企業づくりにまい進し、常にお客様の立場で考え、納得して頂ける製品及びサービスの提供をします。
また、当社に関連する従業員及び外部提供者は、品質マネジメントシステムの有効性に寄与するように積極的に参加します。

環境方針

当社は、世界規模のグローバル・モータリゼーションの中で、自動車産業界に貢献できる製造会社として、特に、アフターマーケットの分野では、先行企業として広く貢献しています。
当社の製造するアルミホイール製品は、その製造分野、使用方法、廃棄方法の過程において、地球環境に影響を与えていることを認識しています。
環境への配慮や労働安全等、社会的課題解決へ積極的に取組み、リサイクル性の徹底をまい進します。
当社は、『 POEWR & ECO 』という、一見矛盾したテーマこそが、これからの車社会が向かう方向性を示していると考えています。
これからも、車に対するエネルギー運動効率を意識した、アルミホイール製品づくりを演出します。